愛知県トラック協会は、県下の貨物運送事業者(国土交通省の許可を受けたトラック運送事業者:緑ナンバー)で組織する一般社団法人です。

愛ト協助成制度(申請案内)「環境対応車導入促進助成」

助成金の申請案内

受付は終了しました。

※2022年度以前の申請書は使用できません。必ずダウンロードして使用して下さい。
※予算の進捗状況はこちらをご覧ください。
※予算に達成し、締め切った分の関係書類は、ダウンロードリンクを外してあります。


環境対応車導入促進助成

環境対策事業の一環として、環境対応車として定義された下記の対象車両を率先して導入し、環境負荷の低減を図る会員事業者を支援する事業です。

1.助成対象となる環境対応車
貨物自動車運送事業の用に供する車両総重量2.5トン超の自動車であって以下の自動車。

①天然ガス自動車(新車新規登録自動車に限る)
②ハイブリッド自動車(新車新規登録自動車に限る)
③電気自動車(新車新規登録自動車に限る)

2.助成対象
(1)愛知県内の認可営業所に配置する車両を導入する会員事業者。
(2)電気自動車については、中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項第1号に掲げる中小企業者(資本金3億円以下または従業員数300人以下)の事業者。
(3)1事業者につき、30台まで。

3.助成対象車両の導入方式
導入方式は、「買取り」または「リース」とします。

4.申請受付期間
令和5年5月12日(金)~令和6年1月12日(金)※ 車両登録期限は令和6年2月29日まで

◆留意事項
(1)導入する車両は初度登録であること。
(2)所有者が自動車販売会社等に留保されているものは原則として助成対象外です。
(3)手形により支払われたものは原則として助成しません。

<導入方法がリース契約の場合の留意事項>
(1)車両登録後の実績報告者及び助成金振込先はリース会社となります。
(2)契約先については下記の通り。
A.天然ガス自動車:リース契約先は一般財団法人環境優良車普及機構に限ります。
B.ハイブリッド自動車:一般のリース会社による導入が可能ですが、最初の申請時に「リース会社届出書」が必要となります。
(3)割賦販売による申請は認めません。

5.予算(令和5年度交付金事業計画)
1,500万円※ 予算額に到達次第、受付を締め切りいたします。

6.助成額

7.その他注意事項
財産処分の制限や助成金の返還等につきましては、交付要綱に基づき判断いたします。

8.申請手続きについて
車両の登録前に事前の申請が必要です。但し、4月~6月登録の車両については事後申請が可能です。

愛ト協 / 全ト協 助成制度
4月~6月(新規登録車両) 事前・事後申請 7月31日(月)までに申請。(必着)
7月以降(新規登録車両) 事前申請 登録前に申請が必要です。

※ 原則、愛ト協と全ト協は、同一申請書による同時申請となります。

 

申請時 提出書類

① 環境対応車導入促進助成金交付申請書
② 自動車販売店からの見積書
③ 直近事業年度の事業報告書の表紙及び事業概況報告書の写し(電気自動車の場合のみ)

 

9.申請後について
申請後、助成金交付決定通知を交付しますので、その後に車両登録を行って下さい。(事後申請が認められる場合を除く。)
車両登録後1ヶ月以内に下記書類を提出して下さい。(領収書は3ヵ月以内)
但し、2月登録の車両であっても、書類(領収書含む)の最終提出期限は令和6年3月1日(金)です。

 

報告時 提出書類

交付決定通知書の送付時に同封する「実績報告書」に下記書類を添えて提出して下さい。
(1)買取りの場合
① 自動車車検証(写)
② 車両代金に係る領収書(写)・・・・・・・車番等の導入車両を確認できる記載があること。
※ 令和6年3月1日(金)までに支払いを完了すること。
③ 直近事業年度の事業報告書の表紙及び事業概況報告書の写し、又は事業完了日から3ヶ月以内の履歴事項全部証明書の写し〔電気自動車の場合〕

(2)リースの場合
① 自動車車検証(写)
② リース契約書(写)・・・・・・・事業者、リース会社が押印済みのもの。
③ 直近事業年度の事業報告書の表紙及び事業概況報告書の写し、又は事業完了日から3ヶ月以内の履歴事項全部証明書の写し〔電気自動車の場合〕














PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 愛知県トラック協会 All Rights Reserved.