国土交通省では、今年度「貨物自動車運送事業における生産性向上及び長時間労働改善に向けた調査事業」を実施する事により、長距離輸送を担うトラックドライバーの長時間労働を抑制し、人員不足を解決する「中継輸送」の更なる普及を図っていく事としています。

本事業の一環として、中継輸送の実施状況を把握するアンケート調査を実施していますので、是非ご協力をお願いいたします。

なお、アンケートにご回答いただいた方に対して、調査事業受託事業者よりヒアリングをさせていただく場合がありますのでご了承下さい。

中継輸送とは・・・長距離・長時間に及ぶ運行等において、運行途中の中継拠点等にて、他の運転者と乗務を交替する輸送形態。中継輸送に関するQ&A平成30年7月に公布された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」において、長時間労働の是正を図る観点から、時間外労働について罰則付きの上限規制が導入され、トラックドライバー等の自動車運転業務についても、令和6年4月1日から、年960時間の上限規制が適用されることになったが、この中継輸送を継続的に実施していくことで、物流機能を維持しつつ、年960時間の上限規制を順守することができると考えられ、国土交通省は、働き方改革につながる中継輸送の取組事例を広く募集し、事例集として周知することにより、中継輸送のさらなる普及促進を図ろうとしている。

■アンケート実施期間
令和3年9月1日(水)~令和3年9月17日(金)17時まで

■アンケート回答方法
https://www.fujitsu.com/jp/group/fri/resources/events/other/chukei-research.html

■本件に関するお問い合わせ(調査事業受託事業者)
株式会社富士通総研 担当:沖原・亀廼井(かめのい)・田村
メール:fri-chukei-survey@dl.jp.fujitsu.com