高速道路では、一台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めにつながる可能性があります。

高速道路をご利用いただくときは、冬用タイヤの装着およびタイヤチェーンの携行をお願いするとともに、気象予報をご確認いただくなど、今後の交通への影響にご注意いただきますようお願いいたします。

ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反です。

「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の一部改正について(令和3年1月26日)

冬用タイヤ装着等の注意点に関するチラシについて(国土交通省作成)
令和2年12月末以降の大雪により、関越道、北陸道等において多くの大型車両が立ち往生したことにより、大量の車両が路上に滞留する事案が発生しました。

今般、国土交通省自動車局安全政策課にて、冬用タイヤの適切な装着を再周知し、また、冬用タイヤを装着していてもタイヤが摩耗していた場合にはタイヤ性能が不十分となること、雪上での運転操作方法を把握しておくことをPRするため、緊急対策としてチラシを作成しました。

※今後の交通への影響
降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、NEXCO中日本WEBなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制や冬用タイヤ規制がおこなわれることが想定されるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあるため、十分ご注意ください。

高速道路影響情報サイト
冬の雪道ドライブガイド
アイハイウェイ中日本(中日本ハイウェイ交通情報)