愛知県トラック協会は、県下の貨物運送事業者(国土交通省の許可を受けたトラック運送事業者:緑ナンバー)で組織する一般社団法人です。

新着情報

高速道路の安全

山陰道における強風時の走行についてのお願い

中国地方整備局 倉吉河川国道事務所より、山陰道(大栄東伯IC 〜 米子西IC)間における強風時の走行について注意喚起の周知依頼がございましたのでお知らせします。

2月16日~17日の大雪に伴う交通障害について

2月16日(水)から2月17日(木)にかけて、岐阜県や福井県では強い雪が降り、総降雪量が多くなる見込みです。特に山地ではこの冬一番の大雪となるおそれがあります。また、17日は岐阜県の平地でも大雪となるおそれがあります。冬タイヤの未装着等により事業用自動車が立ち往生した場合、悪質な事例は、監査を実施し、講じた措置が不十分と判断されれば、行政処分の対象となります。冬タイヤの装着、チェーンの携行及び早期装着を徹底してください。

降積雪期における輸送の安全確保の徹底とチェーン規制区間について[再周知]

昨年12月9日に国土交通省より「降積雪期における輸送の安全確保の徹底について」通達が発出されています。今冬の大雪を想定し、改めて通達の趣旨や関連情報を取りまとめていますので、輸送の安全確保等と事故防止に向け各社ご対応ください。

冬の飛騨路(雪道)を安全に走行するためのお知らせ

昨今より、冬期期間の冬用タイヤ未装着・ダブルチェーン未装着の大型車両が登坂不能を発生させ、車線を塞ぐなど冬期道路交通に大きな影響を及ぼしております。このような事態を未然に防ぎ、走行される皆様が安全・安心に走行していただくためにも、事前に冬季道路情報をご確認いただき、冬用の装備を早期に行っていただくよう、ご協力ください。

冬の高速道路の安全・安心について

NEXCO西日本は当社管内の高速道路において今冬期より、車両の滞留が予見される場合や「大雪に関する緊急発表」が出された場合には、予防的通行止めを実施し、集中除雪を実施します。具体的には、通行止めになるような大雪等が予測されている時間の3時間前に予防的通行止めの実施判断を行います。

大雪時の道路交通確保の対策方針について

昨年度の冬、各地で大雪に伴う道路上の車両の大規模な滞留が発生し、その対応に長時間を要する事態となりました。この冬を迎えるにあたり、今回、関係4者(※)が人命を最優先に大規模車両滞留を回避する目的で、雪氷期における道路交通確保に向けた様々な取り組みを強化し、併せて、道路利用者や地域住民の皆様にその協力を呼びかけています。

雪氷期における取組みの強化について ~早めの冬道装備の準備と交通情報の確認を~

NEXCO中日本では本年1月の大雪による大規模な車両滞留の発生を受けて、大雪時の雪氷対策を見直し強化を図ります。

降積雪期における道路管理者による立ち往生車両写真の撮影等について

降積雪期における立ち往生車両について、道路管理者が冬用タイヤ装着の有無等の状況を撮影し、当該情報をもとに地方運輸局等が当該車両を所有する運送事業者に対し、降積雪期における輸送の安全確保対策の実施状況を確認することになりました。

山陰道における強風時の走行についてのお願い

中国地方整備局 倉吉河川国道事務所より、山陰道(大栄東伯IC 〜 米子西IC)間における強風時の走行について注意喚起の周知依頼がございましたのでお知らせします。

「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の一部改正について

令和3年1月26日より、「整備管理者は、雪道を走行する自動車のタイヤについて、溝の深さがタイヤ製作者の推奨する使用頻度よりもすり減っていないこと」「運行管理者は、雪道を走行する自動車について、点呼の際に同事項が確認されていること」の2点を確認することが明確化されます。

大雪に対する緊急発表を踏まえた輸送の安全確保について

冬用タイヤの装着とチェーン携行・早期装着の徹底、冬用タイヤの摩耗劣化の状況等を確認して下さい。措置を適切に講じず、冬用タイヤ未装着や劣化タイヤで走行し道路上で立ち往生すると、事業者に対して運輸局等から指導や行政処分の対象となる場合があります。

緊急連絡[関越道及び国道17号及び上信越道の利用について]

12月16日未明より、関越自動車道において、異常降雪による渋滞や立ち往生が発生していましたが、NEXCO東日本新潟支社のプレスリリースによると、12月18日午後10時15分をもって、上下線ともに立ち往生は解消されたと発表 …

Googleサイト内検索














PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 愛知県トラック協会 All Rights Reserved.